Sablo Watanabe

BRAND DIRECTOR

気分のいい音楽を聞いたり芳しい香水を身にまとってみたり、
綺麗な宝石をつけて眺めてみたりすることと同じように化粧は気分を高めてくれる

人は老いることと、死がやってくることを避けられない。
それまでに人として成熟していくことが美しい。
様々な経験という試練をのりこえて…。

だから楽しまなくちゃ。
自分が楽しくあるということは、回りを明るくするって事を知り、自分が美しくあるってことは回りを幸せなオーラで包んでしまう力になるってことでもあるのです。
そのためにも味方の道具は優秀なものである方が確実に強い自信になる。
メイクアップ、上手になっていただきたい。
そういう女性のために僕は生かされているのです。
WATOSAを通してあなたを応援しているのです。
WATOSAの実力はかなりのものです。
でも、その実力をひきだすのはあなたです。
あなたと僕の力を合わせて、大いなる高みを目指して楽しく精進していきましょう。

私たちは、時と共に常に変わっていきます。時間や場所、目的に応じて自然に身づくろいをしています。
それは、姿勢を正したり、時には背伸びして気どったり、ムードに酔ったり…
楽しみながら、自分を演出しているのです。
そんな時間を私たちは、喜んだり、疲れたりしながらも、きっと楽しんでいるのではないでしょうか。
例えば、”服を着る”という時にも、着るものによって随分と気持ちが変化します。
メイクアップも同じです。
女性にとって、Make-upは”つくりあげる”という言葉の意味どおり自分の演出の
仕上げとして不可欠なものです。
イタリア語ではメイクアップを表す”Trucco”は英語の”トリック”と同義であり
その語源はギリシア語の”扮装する”という言葉から由来されています。
”欺く”という言葉もあり、まさしく、化粧は魔法です。ダマされてしまいますからね。

WATOSAでメイクアップすることで喜びを感じてもらえその喜びの輪が回りに
伝わり、広がり、幸せをもたらすことができたら。
ワトゥサのつくり手としての僕の一番の醍醐味なのです。

渡辺サブロオ

渡辺 サブロオBRAND DIRECTOR

日本におけるヘア&メイクアップアーティストの先駆者として、その地位の確立を果たす。オリジナルブランド「wAtOSA」の開発・プロデュースをはじめ、
雑誌、広告など、幅広いフィールドで活躍中。現在まで名実ともに、ヘアメイクの第一人者として広く知られている。